月探査衛星「かぐや」


宇宙歳時記「月探査衛星「かぐや」」

日本が初めて打ち上げに成功した月探査衛星「かぐや」が月の周回軌道に乗ることに成功しました。

かぐやにはハイビジョンカメラをはじめ、多くの観測機器が搭載されていて、これからの観測結果が楽しみです。

ところで月は地球に同じ面をずっと向けています。なぜ同じ面を地球に向けているのでしょうか。

地球の周りを公転する月は、公転周期(地球の周りを一周回るときの時間)と、自転周期(月の中心軸の周りをくるりと一回転するときの時間)とが全く同じになっています。

公転周期と自転周期は必ずしも一致している必要はなく、別々でもよいわけです。なぜぴったり一致しているのでしょうね?

私は月と地球とが一体として形成されたから、と考えています。月と地球とが目に見えない棒でつながっているのと同じというわけです。

もう少し有力な説は次の通りです。

原始の地球に巨大惑星が衝突してこなごなに砕け散りました。
その破片は地球の周りをぐるぐる回りながらどろどろになって一体化したと考えられています。

いったんどろどろに溶けなければ、岩石の集合体の様に月は観測されるはずですが、その様な事実は観測することはできません。

どろどろに溶けた成分が集まって月が形成される一方、月内部の重い成分が地球の引力に引っ張られて地球側に集まった、というのです。

ちょうど月自体が起き上がりこぶしの達磨さんの様になっていて、地球に同じ面を向けているというわけです。

「それって、ほんと?」というわけで、現在かぐやがその証拠を観測しています。

かぐやは月の周りをぐるぐる回りながら月との距離をレーザーを使って精密に測定しています。

もし地球に面した側に重い成分が集まっているなら、その部分を通過するときは重力により強く引っ張られ、それ以外の部分を通過するときは重力が弱くなるはずですからかぐやの軌道が蛇行するはずです。

この蛇行の程度を精密に測定することによりこの仮説が正しいかどうかの検証が現在行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)