隕石のクレーター


宇宙歳時記「隕石のクレーター」

月にも地球にも隕石の落下に伴うクレーターを観測することができます。

地球に隕石が衝突した際にクレーターができますが、地球には空気と水があるため、やがてクレーターの跡も侵食により目立たなくなってしまいます。

月の表面を観測するとクレーターだらけですので、地球にもかつて月にクレーターができたのと同様の数の隕石が降り注いだものと思われます。

20世紀にも木星にシューメーカー・レビー彗星が衝突しました。この報道写真を目にした方も多いと思います。

私たちが生きている間に惑星と彗星の衝突を観測することができるなんて、すごいことだと思います。

けれども、裏を返すと結構な頻度で天体衝突は起きているということにもなります。

シューメーカー・レビー彗星が木星に激突することが分かったとき、木星があまりにも大きいため特段何も起こらないのではないか、という意見も散見されました。

また衝突が地球から見た木星の裏側で起こることもあって、めぼしい観測ができないのではないか、との予測もありました。

けれどもシューメーカー・レビー彗星が衝突したときの火炎は地球からも観測することができました。

またしばらくの間、衝突により木星にぽっかり開いた黒点を観測することができました。

想像を超えた衝突だったことが分かります。

ちなみに太陽系では木星の様な巨大惑星が地球の軌道の外側にいてくれるおかげで、彗星等の天体が地球に衝突するのを防いでくれるといいます。

もし木星が存在しなかったとしたら、地球に生じる天体衝突の回数は、数千万年に一度から、1000倍以上増えるという学者もいます。

かつて反映した恐竜が絶滅したのは地球に対する隕石の衝突によるものとする説が有力です。

この様な天体衝突が今より1000倍も多く起こると人類の現在の繁栄は無かったに違いありません。

木星は地球の盾となって、地球に隕石や彗星が衝突するのを防いでくれているのです。

太陽から絶妙の位置にある地球は、他の惑星の助けも借りて現在の繁栄を謳歌しているのだともいえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)